イメージ写真

お勧めの本:フィリピンのことがマンガで3時間でわかる本

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、お勧めの本「フィリピンのことがマンガで3時間でわかる本」のご紹介です。


■この本と出会ったきっかけ
先日フィリピンのセブに訪れた際、そういえばフィリピンのことあまり知らないな、
と思ってインターネットで調べたところ、この本を見つけました。

※この「マンガで分かるシリーズ」は、
 シンガポールや香港など、他のアジア諸国をテーマにした本もあります。


■この本をお勧めしたい人
・フィリピンがどんな国か知りたい人
・フィリピンに旅行やビジネスで行く予定がある人
・近年のアジア諸国の状況が知りたい人


■この本の良い点
・その国を理解するために必要な情報が、広く浅く網羅されている。
・見開きページのうち、片面が説明文、もう片面がマンガや図解の説明で分かりやすい。
→時間がない人は、マンガ側のページだけザっと読んでも要点が掴めます。


■今回ご紹介した本について
題名:フィリピンのことがマンガで3時間でわかる本
著者:鈴木紘司 (著), 坂本 直弥 (著), 朝日ネットワークス (監修)
出版:明日香出版社
発行:2014年11月12日
価格:1,728円


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください