セブのお土産

フィリピン セブのお勧めお土産

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「フィリピン セブのお勧めお土産」のお話です。

もはや全くウェブ解析してないですが・・・(笑)。
お土産解析ということでご勘弁ください。

さて、みなさんフィリピンのお土産と言ったら、何を思い浮かべますか?

私も渡航前は、フィリピンのお土産って何があるんだろうと思い、
たぶん、ドライマンゴーとかかなぁ、なんて思っていました。

ガイドブックを買って調べてみたものの、
紙の上だとやっぱりどんなものなのかとか、どんな味なのか分からず、
どうしようかなと思っていました。

そこで現地に住んでいる日本の方に、お勧めを聞いて購入することにしました。
順番にご紹介しますね。

▼マンゴージュース、ドライマンゴー(2種類)

セブのお土産マンゴー

一番左は、現地の日本の方おすすめマンゴージュースです。
お好みで濃さは調整できるのがいいですね!
1箱0.5Kgなので、帰りの受託手荷物の重さにご注意ください(笑)。

真ん中がチョコがけのドライマンゴー。
こちらは小包装になっていて、4つくらいマンゴーが入っていました。
高級スーパーで買ったのですが、さすが美味しいですね。
百貨店とかの高いお菓子が好きな方にも好評でした。

一番右が、ドライマンゴーの定番メーカー「7D」の商品。
マンゴーの味が濃くて美味しかったです。
販売サイズが豊富なので、渡す人に合わせて調整できるのが便利です。

▼バナナチップス

セブのお土産バナナチップ

左はスーパーで見かけて買ったバナナチップス。
日本のポテトチップみたいに、厚さがないバナナチップで、ライトな触感。
軽めな感じが好きな人にお勧めです。

右が現地の日本の方お勧め、ミシェルのバナナチップス。
個人的にはこれがめちゃくちゃ美味しかったです!!

バナナは少し厚めに切ってあるのですが、甘さとサクサクさが絶妙。
もっと買って帰れば良かったと思いました。

ただ、1箱0.5Kgなので、帰りの受託手荷物の重さにご注意ください(笑)。

▼ポルボロン

セブのお土産ポルボロン

スペイン発祥のお菓子。サクサクほろほろ触感のクッキーみたいな感じ。
現地の日本の方からも、ポルボロンはお勧めと聞いていたので買ってみました。

左側はMALUNGGAYと書かれています。味はよく分からないけれど美味しい。
後で調べてみたら、ワサビノキという植物みたい。(特に辛くはないです)

右側はASSORTEDと書いてありますが、
いろんなナッツとか木のみがまぜこぜになっているものです。
こちらもサクサクほろほろでおいしかったです。

▼パイとスナック

セブのお土産パイとスナック

上の方のはOTAP(オタップ)という伝統のパイ菓子です。
こちらのメーカーは、2枚入りで小分けになっているので、お土産にもお勧め。

下の方は、豚の皮?を揚げたスナック。
ビネガーに付けて食べると美味しいそうですが、
いいビネガーを仕入れていなくてまだ実食できていません。
(食べたら感想を追記したいと思います)

▼Sprobeさんからいただいたお土産

セブのお土産

こちらはセブのオフショア開発企業のSprobeさんから、
訪問のお土産でいただいたものです。

左の一番上と真ん中が7Dのマンゴーで、
一番下がNAGARAYA(ナガラヤ)というピーナッツ菓子です。
ビールとかといっしょに食べたら止まらない系でした。

右側の一番上はOTAP(オタップ)のパイ菓子で、
真ん中がROSQUILLOS(ロスキロス)の卵クッキーです。
卵ぼうろみたいな感じで、素朴で美味しい。3袋入りです。

一番下がPEANUT BROWASというピーナッツ系のお菓子だそうですが、
こちらはまだ実食できていないです。
(食べたら感想を追記したいと思います)

みなさんもフィリピンやセブに行ったらチャレンジしてみてください。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください