Paolito’s シーフードレストラン

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は「Paolito’s シーフードレストラン」のお話です。

こちらのお店は、フィリピンのシーフードレストランです。
(SWシティセブの店舗を利用しました。)

フィリピン料理が分からず、、
友人お勧めの「シシグ」という料理が食べられれば他はお任せで!
ということで、ご一緒した方にお願いしました。順番にご紹介しますね。

■Sizzling Pork Sisig w/Egg (豚のシシグ)

シシグ

シシグとは、炭火で焼いた豚の耳や顔の部分を刻み、
ガーリックやオニオンで炒めたものだそうです。
「w/Egg」って何かな?と思ったら、With Egg(卵付き)ということらしい。
ちょっと濃いめの味付けで、ご飯と食べたら止まらない感じ♪

■ LECHON KAWALI JUMBO (レチョン・カワリ)

レチョン

ものすごく表面がカリカリな豚肉。
なんでも豚肉を柔らかく煮た後に揚げると、こんな風になるそうですよ。
今までに食べたことない感じで美味しかったー!

■ Shrimp Sinigang (海老のシニガンスープ)

シニガンスープ

魚介や肉類が入った酸味のあるフィリピン定番スープ。
辛くないトムヤンクンをもっと酸っぱくした感じ。(意味わかります??)

こちらのスープは、海老と、空心菜と、玉ねぎっぽい野菜と、
タイ料理とかに入ってそうな葉っぱが入ってました。

■ Seafood Fried Rice(シーフードフライドライス)

シーフードフライドライス

シーフードと小さくカットされた野菜が入ったフィリピン風チャーハン。
まったく味付けを何でしているか分からないけれど、
個人的にはすごくお気に入り。美味しかったなぁ、また食べたい!

■ Fresh Buko Juice、Pineapple Juice(ブコとパイナップルジュース)

ジュース

ブコとはココナッツの実を使ったジュースのこと(写真右)
現地在住の日本の方いわく、「ブコジュースは飲んで美味しいし、
中身も食べられるし、美容にもいいからお勧めよ」、とのこと。
ジュースを飲んだ後は、お店の方に頼んで実を割ってもらいました。

白い部分はスプーンなどでそぎ取って食べることができます。
どんな味と言われると表現が難しいのですが、
ナタデココというか、ぷるぷる触感が癖になる感じ(笑)。ぜひお試しあれ。

明日は、トップ・オブ・セブのご紹介をします。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析して、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。社内広報やデジタルマーケティングの仕事が大好きで、ウェブ解析士としても活動中。ブログではウェブ解析のことや、日々の気づきを綴っています。現在は海外赴任でオレゴン州ポートランド在住。Global Business Strategic マネージャー。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください