イメージ写真

顧客エンゲージメントの高め方

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「顧客エンゲージメントの高め方」のお話です。

ひとりひとりのエンゲージメントを上げようと思った時に、
「こんな観点からも見てみよう」という全体最適のお話をしたいと思います。

例えば、メールマガジンの開封率を上げたいとした場合、
一般的にはこんな改善の視点があると思います。

・ターゲッティング
・メールタイトルの工夫
・コンテンツとニーズとのマッチング

ただ、案外忘れている視点で言うと、

・お客様の情報と名刺交換した時の営業マンとの関係性
・お客様の情報を名刺交換やWeb登録などで入手してから、
 そのアクションをするまでのタイムラグ

などがあります。具体的にはこちらの図解をご覧ください。

<補足>
MAとは、マーケティングオートメーションの略のことで、
顧客ひとりひとりの関心に応じたコミュニケーションをすることで、
長期的な関係を構築することができるプラットフォームのことをいいます。

つまり何が言いたいかと言うと、
そもそも営業マンが名刺交換したり、お客様の顧客情報を入手した時点で、

「この会社(この営業さん)、すごくいいな!」

と思ってもらうことができていたら、
ターゲッティングが甘くても、タイトルがイマイチでも、
メールって開封されるんです。

逆に出会った瞬間はいい感じでも、
お客様の情報を入手してからメールのアクションが遅くなってしまった場合、

「これって誰だったかな?」

となってしまって、開封されなかったりします。

つまり何が言いたいかと言うと、全体最適の観点から課題を見つめないと、
局所的な課題解決では根本解決にならないかもしれないということです。
良かったら参考にしてください。

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください