イメージ写真

お勧めの本:Googleオプティマイズによるウェブテストの教科書

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、お勧めの本「Googleオプティマイズによるウェブテストの教科書」のご紹介です。

■この本の紹介理由

ウェブサイトを制作するとき、こんなことはありませんか?

どの順番でコンテンツを並べるのがいいのか、どんなバナー画像がいいのか、
複数のパターンを作って、悩みながらどれか一つを選んでいる・・・。

なぜ複数のパターンを作ったり、悩んだりするかというと、
どの案が一番いいかを真剣に考えているからですよね。

でも、一番確実なのは【ユーザーに選んでもらうこと】です。
その一つの手法として、Googleオプティマイズの活用をご紹介します。

■この本をお勧めしたい人

・1人ないしは少人数でウェブサイト運営を行っている方
・低コストでサイトの小改善を行い、コンバージョンを最適化したい方
・なぜこの構成やデザインにするのか?ABテストをもとにした調査で、
 社内やユーザーに説得力を持ったプレゼンをしたい方

■この本の良い点

・6つのチャプターに分かれており、構成がとても分かりやすい。
・ABテストとGoogleオプティマイズ、どちらも初めての方でも優しい内容
・Googleオプティマイズを使ったことがある人も、アンラーニングできそう
・ABテストやGoogleオプティマイズを使わないとしても、
 ウェブマーケティングについて見直しができる(特にチャプター5と6)

■注意点

一番理想なのは、私自身もGoogleオプティマイズを使った上で、
この本を紹介できることなのですが、まだ使ったことはありません。
あくまで書籍としてどうだったか?について書かせていただいております。

近日ケイチャンネル(このブログ)でもテストを検討しています。
(アクセスの母数が少ないのでまともなデータは取れないかもしれませんが、
 少しでもユーザーの声を拾えたらいいなと思っています)

■今回ご紹介した本について

題名:Googleオプティマイズによるウェブテストの教科書
著者:井水 大輔 (著), 大柄 優太 (著), 工藤 麻里 (著), 瀧 里絵 (著),
   針替 健太 (著), 松本 大河 (著)
出版:株式会社マイナビ出版
発行:2018年12月1日
価格:2,480円

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください