イメージ写真

メッセンジャーアプリWhatsApp(ワッツアップ)

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「メッセンジャーアプリWhatsApp(ワッツアップ)」のお話です。

携帯電話が流行りだしたころはショートメールでしたが、
最近はLINEやFacebookなど、SNSを主流とした通信方法が主流になってきました。

日本だと断然LINEかなと思いますが、
先日シンガポールに訪れた際、「こちらはWhatsAppがよく使われているよ」と言われ、
恥ずかしながら知らなかったので少し調べてみました。

2017年時点の情報ですが、利用者はWhatsApp10億人以上、LINE2億人以上だそうです。
そんなに差があるなんてちょっとびっくり!

じゃあWhatsAppってどんなアプリ?
簡単にいうと、LINEに比べてめちゃくちゃシンプルなようです。

機能は電話とメッセージという極めてシンプルなもので、
スタンプもなければ、タイムラインもなく、友達登録も必要ありません。
もちろんニュースとかゲームとかもないです。

このシンプルさが海外アプリって感じでいいでいいですね。

日本ではユーザーが少ないかもしれませんが、海外に行った時に現地の方とやり取りする際は、
相手がWhatsAppを使っているかもしれませんので、必要に応じて使ってみてください。

 

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください