イメージ写真

HelloとHalloの違い

投稿者:

「HelloとHalloの違い」ってご存じですか?

私は英語の授業で「Hello」と教わりました。
しかし先日、海外の友人は「Hallo」を使っていたんです。

そこで「HelloとHalloの違いって何だろう?」と疑問に思ったので、調べてみました。

結論から言うと、英語としては「Hello」ですが、
ドイツ・オランダ・ノルウェー語などでは「Hallo」になるそうです。

現代ではさまざまな国で英語が使われているので、いろんな綴りのハローがあるんですね。

挨拶する相手が、「Hello」と「Hallo」のどちらの方が気分が良いのか。
考えて使うことが私は大切だと思います。

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

※更新履歴
2020年10月14日に記事を更新しました。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

2件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください