イメージ写真

膨大な情報をまとめる際の心と脳の葛藤

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「膨大な情報をまとめる際の心と脳の葛藤」のお話です。

※こちらのお話は「膨大な情報をまとめる際のメソッド」の関連記事です。

 

■伝えたいこと、伝えるべきこと

話題選びができた後は、実際に「話す」とか「書く」フェーズに入っていくと思います。
そんな時に、人間の中で起っている葛藤があります。

それは、「伝えたいこと」と「伝えるべきこと」の葛藤です。

人間がもともと備わっている機能として、「伝えたい」という欲求があると思います。
これは、自分を主観として発生する思いです。

一方、「伝えるべきこと」については、自分が伝えたいかどうかは別として、
報告すると会社の役に立つとか、世の中に役に立つといった他者目線で発生する思いです。

この、「伝えたいこと」と「伝えるべきこと」は、
パトス(情念)とロゴス(理性)といいますか、どちらも大切なものなんです。

つまり、内容が自分の伝えたいことで100%にしてしまうと、
読み手は「一方的に押し付けられた感じ」を受けてしまうかもしれません。

しかし、伝えるべきことで100%にしてしまうと、
読み手は「この人自分の意見あるのかな?」といった印象を受けてしまうかもしれません。

大切なのはバランスです。
OUTPUTする際は、「伝えたいこと」と「伝えるべきこと」のバランスをぜひ意識してください。

 

■書けること、書けないこと

何かを文字で表現する時に、もう一つ人間の中で起っている葛藤があります。
それは、「書けること」と「書けないこと」の葛藤です。

この話題を伝えたいとか、伝えるべきだといった観点とは別次元で、
自分のスキルや経験などに比例して、書けるものと書けないものが出てきます。

というのも、人間は自分が理解できていないこととか、体験していないことは、
書くことができないのです。

仮に書けたとしても、うまく書くことができません。

例えばお料理で言うと分かりやすいです。
普段料理をしないし、お菓子作りもしない人が、マカロンを焼きたい!と思ったとしましょう。
レシピがあればまだいいですが、作り方が分からず、想像して焼いたらどうなりますか?

たぶん、なかなかすごいものができると思います(笑)。

家族だったら笑って食べてくれるかもしれませんが、
商品としてお客様にはとても出せないですよね。

つまり何が言いたいかというと、どれだけ伝えたいことでも、伝えるべきことでも、
自分のスキルが伴わないと、OUTPUTの精度が落ちてしまうのです。

よって、求められるOUTPUTの精度に合わせて、
「伝えたいこと」「伝えるべきこと」のバランスを見ながら、
「書けること」「書けないこと」でも話題を再ピックアップする必要があるのです。

 

以上、いかがでしたでしょうか?

膨大な情報をまとめる際には、このような心と脳の葛藤が起こっています。

理想はどんな話題でも自分の手足のように表現できることですが、
話す練習や、書く練習なしには実現できません。

バランスをみながら、今の自分が出せる最高のパフォーマンスを研究していきましょう。

 

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください