イメージ写真

そのコンテンツ、1%の行動を促せるものですか?

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「そのコンテンツ、1%の行動を促せるものですか?」のお話です。

自分のことを棚に上げて話したい感じではありますが・・・(笑)。
さっそくお話しますね。

 

■ゴールイメージを共有しよう

例えば、誰かに何かを作ってほしいと依頼したときに、
このクオリティじゃダメだと思う自分と、なぜダメなのか分からない相手とで、
話がかみ合わない、、といったご経験をされたことはありませんか?

そんな時、ゴールを分かりやすく共有するために使っているのが、
「そのコンテンツ、1%の行動を促せるものですか?」という質問です。

よく引合に出されるのは、
セミナーを聞いたときに何かをやってみようと思う人は全体の10%、
実際に何か行動する人は1%、というものです。

つまり、あなたの作ったコンテンツを見たときに、
行動を起こしてくれる人が生まれなければ意味がない、とまでは言いませんが、
少なくとも良いコンテンツとは言えないのですが、どう思いますか?という質問です。

 

■徐々にレベルアップしよう

とはいえ、いきなりそんな良いものを作れる人は正直いません。
そこで私は、5つのステージに分けて徐々にレベルアップしようと伝えています。

★コンテンツを見て・・・
1)実際に行動を起こした      1%以上
2)何かやってみようと思った  10%以上
3)役に立つ記事だなと思った  ?%
4)言っている意味が分かった  ?%
5)言っている意味が分からない ?%

最終的には1を目指したいですが、
まず目指すべきは、4の「言っている意味が分かった」記事です。

言い換えると、作ったコンテンツが5だった場合は、外に出せないですよ、ということです。

こうしたスタンスを事前に共有しておいて、
ふわっとした言葉でいうよりも、私は〇番だと思うけど、どう?と感覚を共有するのです。

もしよかったら参考にしていただけましたら幸いです。

 

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください