コワーキングスペースの写真

シンガポール企業のオフィス視察&IT飲み会

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「シンガポール企業のオフィス視察&IT飲み会」のお話です。

この日は、あさイチでコワーキングスペースを見学すべく、
WORK CENTRALへ。ウェブ解析士協会もここを活用しています。

一言でいうと、とってもオシャレなコワーキングスペース!

オープンスペースはいろんな人が写真に写っているので、
ちょっとネットでは出せませんが・・・いい感じのオフィスでした。

コワーキングスペースの写真

こちらは読書スペース(クワイエットルーム)。
モダンで落ち着いた雰囲気ですね。

 

その後、クロスコープさんのオフィスがあるビルへ移動!

ビルの写真

エントランス。人がいない時を狙って撮影。

オフィスのエントランスの写真

こちらのオフィスで、3つのセミナーを受講させていただきました。
登壇者はこちら。

★アジア士業共同体 アジア地区責任者 藤永 哲嗣さん

★NIHON ASSIST SINGAPORE PTE LTD Managing Director 関 泰二さん

★トランス・コスモス 執行役員 草埜 健太さん

以下、一言ずつですが印象になったことをめもめも。

藤永さんは、士業の面から日本企業のシンガポール進出を支援されています。
日本にいながら海外を取り込むのがリスクヘッジになる、というお言葉が印象的でした。

関さんは、レンタルオフィスや情報サービス、レストラン事業など
さまざまな事業に関わられておられます。シンガポールで商品を売ろうと思ったら、
ちゃんとシンガポールの人がどう思うかを尊重するべき、というお言葉が印象的でした。

草埜さんは、企業へのITアウトソーシングサービスを展開されています。
広告主がやりたいことではなく、著名人のやりたいことをそのまま広告にするという、
事例などを発表されておりました。

 

とっても駆け足でセミナーを受講した後は、COMMさんのオフィスへ。

ハローアジアなどのフリーペーパーの事業についてお話を伺いましたが、
そもそもいろいろなことをされている会社さんで。

会長の森さんは、何とシンガポール在住41年で、
世界25か国でビジネスをされていらっしゃる方なのです。

お話も印象的で、
「誰も行っていないところへ行って、そこでその人たちが何を求めているのか?
そうしてソリューションを魅せないと勝てない。

つまり、今からシンガポール進出しても手遅れです。
ここを拠点に動くのであれば良いですが。
成功の一番の秘訣は、未開のジャングルへいくことです。」とのことでした。

きっとおっしゃる通りなのでしょう。はっきり言っていただける方は気持ちが良いですね。
誰も行っていないところに行って、ビジネスをやってみるって、すごく楽しそう!!

 

さて、その次はジェトロさんへ。

アツいトークでシンガポールの情勢についてご説明いただきました。
自社の基軸ビジネスで現場の情報化を行っているのですが、
シンガポールの実態をお伺いできて、とても新鮮でした。

 

お次はケセラセラさんへ。取締役の山本さんにお話いただきました。

プレゼン資料のオシャレなことと言ったら・・・
デザイン会社さんはちがいますね。

それに、オフィスからの夜景もめっちゃきれいなのです。

シンガポールの夜景の写真

 

そして最後の目的地である、IT飲み会の会場へ。

ビルの写真

とてもきちんとしたビルで、半ズボンやサンダルの人は入れないという・・・。

ここで、日本出身だけれど、ビジネスをシンガポールやフィリピン、
ベトナムなどで展開されている会社さんとお話することができました。

そもそも、IT飲み会ってシンガポールでもあったんですねぇ。

まだまだ話したりないことはありましたが、
なんとこの日の深夜便で帰国せねばならなかったので、いそいそホテルへ。

目まぐるしい1日でしたが、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。
さぁ、会社のみんなにどうやってフィードバックしようかな!?

 

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください