写真イメージ

文章の書き出しのテクニック

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「文章の書き出しのテクニック」のお話です。

昨日に引き続き、ウェブサイトやメルマガ、チラシなどで何か文章を書く際に、
文章の書き出しで使いたいテクニックをご紹介します。

一言でいうと、「冒頭で注目させる」これに付きます。

なぜなら、冒頭で読まれるか、そうではないかが決まるためです。
そこで大切なのが注目させる一工夫。

具体例を3つご紹介します。

 

1)疑問形で投げかける、反語を使う、結論を先に書く、一般常識からはずれたことを書く

<補足>
一般常識からはずれたこととは、例えば「浮気をしよう」などと、
一般常識からするとダメなことを肯定したりして、「なぜ?」と読み手を引き付けることです。

※ただし、誤解を招きやすいとも言えますので、書き方には注意が必要です。

 

2)この文章を読めば得をする、読まなければ損をすると、端的に伝える。

<補足>
どうしてこの文章を読む必要があるのか?相手にパッと分からなかったら、
それはもう読まれないものになってしまいます。
なぜ読むといいのか?2~4行で分かりやすく伝えましょう。

 

3)見た目を工夫する(文字の色、サイズ、太さを変える)

<補足>
当たり前と思われるかもしれませんが、文字の色、サイズ、太さを工夫するだけでも、
グッと見やすくなります。ここでのポイントは「メリハリをつけること」。
タイトルやキャッチと、本文の文字のバランスなどを工夫してみましょう。

 

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください