書籍イメージ

お勧めの本:これならわかる!Googleアナリティクス

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、お勧めの本「これならわかる!Googleアナリティクス」のお話です。

■この本の紹介理由

ウェブ解析士会議2018でBest Content Producerを受賞した際、
副賞としてこの本を偶然いただいたのですが、
読んでみて「なんと分かりやすいのだろう!」と思ったことがきっかけです。

また、私はこれまでGoogleアナリティクスのデータは分析に使ってきましたが、
設定に関しては自分でやったことがありませんでした。

そこで個人ブログを立ち上げる際、「自分でやってみよう!」と本書を片手に実施したところ、
スムーズに設定を行うことができました。
また、あいまいだったGoogleアナリティクスの操作方法やデータの見方など、
基礎知識をクリアにできました。

 

■著者について

志鎌 真奈美(しかま まなみ)
北海道函館市生まれ。北海道教育大学函館校卒業。千葉県市川市在住。
1997年よりWeb制作を始める。ソフトウェア会社のWeb制作部門に5年間勤務後、
2002年に独立。Web制作・企画・運用・執筆・システム構築などに従事。
講師やセミナー活動にも精力的に取り組んでいる。

 

■この本をお勧めしたい人

・Googleアナリティクスを使ってみたい人
・Googleアナリティクスを導入したが、データの見方や活用方法が分からない人

 

■この本から分かること

・アクセス解析がなぜ必要か、Googleアナリティクスで何ができるか
・Googleアナリティクスの設定方法
・Googleアナリティクスの画面の見方
・Googleアナリティクスの訪問者・閲覧状況・目標設定のやり方
・Googleアナリティクスのカスタマイズ方法
・Googeサーチコンソールの設定方法

 

■この本の良い点

・ページの見出しが「動詞」で書かれているので、
自分がどのような行動をすればいいのか、一目でわかる点。

・イラストを使った柔らかいテイストで、親しみがわきます。

・設定方法や画面の見方について、事細かにキャプチャがされていて、
どこをどうクリックしたら良いかが分かりやすい。

・Webサイトの場合はこうする、WordPressの場合はこうする、など、
読者の状態を細やかに想定した説明がされていて、とても親切。

 

■この本を読んで感じたこと

私は「これまで読んだアナリティクスの本で1番分かりやすい!」と思ったのですが、
Amazonレビューには設定が難しかった、というコメントも見かけました。

思い起こせば、私も1番初めに読んだアナリティクスの本は、
恐らくとても分かりやすく書いてあったのだろうけど、難しいと思った記憶があります。

よって、自分にある程度の知識があるから分かりやすいと思ったのかもしれませんが、
それを差し引いても、本書はとても親切かつ丁寧な解説がされていると思います。

志鎌さんはGoogleアナリティクスに関するセミナーなどもたくさんされているので、
敷居が高いと思う方は、セミナーに参加してから本を読むのをお勧めします。

 

■今回ご紹介した本について

題名:これならわかる!Googleアナリティクス 今日からはじめるアクセス解析超入門
著者:志鎌 真奈美
発行:2018年3月31日
発行:株式会社技術評論社
価格:1,780円(税別)

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

★注意点★
・本書に限らず、著書というのはその人の主観で書かれているものです。
・よって、悪気なく情報が偏ったりすることもあります。
・大事なのは、本当にそうかな?自分だったらどう思うかな?と、意見を持って読むことです。
(それは私のブログを読むときもしかりです)

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください