写真イメージ

ブランド価値を高めるSDGs時代のマーケティング(良記事紹介)

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「ブランド価値を高めるSDGs時代のマーケティング」の良記事紹介です。

ネタ元はこちら。

▽ブランド価値を高めるSDGs時代のマーケティング|
P&GパンテーンをV字回復させた、経営とマーケティングを結ぶ設計図
https://note.com/brand_builder01/n/n2613891a49c0


めっちゃくちゃ良い記事です。まさに保存版!
内容が非常に濃いので、1回読んだだけでは咀嚼しきれないですが・・・。


■重大ポイント
企業・ブランド価値向上の重要経営指標は、SDGsを考慮した「TSR」

→「TSR」とは株主総利回りのこと。

 小さな会社だったり上場していなかったりすると馴染みがないと思いますが、
 マーケターがファイナンスに強いかどうかで、成果の規模が断然違ってくると思います。
(自分もまさに勉強しなければいけないゾーン・・・)


■TSRを増やす7つのドライバー

「売上」
=①購買人数 × ②購買頻度 × ③購入点数・量 × ④購買単価

「利益率向上」
=売上向上 ×⑤事業ポートフォリオの整理 (CORE + MORE戦略)
 × ⑥原価を下げる ×⑦効率の良いお金の使い方

※CORE
 売上と利益の多くを占め、粗利益率が高く、会社やブランドのエクイティを体現しており、
 消費者がしっかりと効果を実感できる(=リピート率が高い)ブランドや商品。

※MORE
 カテゴリーや消費者の中で起きているトレンドに当てるブランドや商品。


などについて、noteの記事の中に詳しく書かれています。

これ以降についても目次をみるだけで「うわー!すごい(^^;」となるのですが、
もう大倉さんのnoteを見てもらった方がいいです。笑


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください