陰翳礼讃(写真イメージ)

お勧めの本:陰翳礼讃(いんえいらいさん)

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「お勧めの本:陰翳礼讃 Kindle版」のご紹介です。

※こちらはボランティアによってデジタル版に変換されたバージョンで、
 実際の書籍はこれの10倍くらいの長さ&有料です。


■本の概要

『陰翳礼讃』は、谷崎潤一郎の随筆。
まだ電灯がなかった時代の今日と違った日本の美の感覚、生活と自然とが一体化し、真に風雅の骨髄を知っていた日本人の芸術的な感性について論じたもの。谷崎の代表的評論作品で、関西に移住した谷崎が日本の古典回帰に目覚めた時期の随筆である。

Wikipedia


■この本と出会ったきっかけ
・自社製品を海外で販売していくために、どんな風に製品の良さを伝えたらいいか?
 ブレーンストーミングをしていた時、この本を紹介してもらいました。


■この本の紹介理由
・日本人って何なのか、日本人の感性ってどこから来ているのか。
 日本に住んでるとあまり意識しない民族性とか感性について、考えるきっかけをくれる本です。

・ Kindle版だと無料で見られるし、1時間未満で読めるので、お試しとしてお勧め。
(最初はこれが正式版だと思ってダウンロードしたので、終わり方にビックリしました。
 ちゃんと読みたい方は印刷版をご覧ください)


■この本をお勧めしたい人
・日本の美の感覚、生活や自然について考えてみたい人
・詫び寂びなど、日本の感性を理解・研究したい人


■今回ご紹介した本について
題名:陰翳礼讃
著者:谷崎純一郎
出版:Kindle版
発行:(ご確認ください)
価格:(ご確認ください)

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください