写真イメージ

『SAVE THE CATの法則』ログラインとは

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今日、「世界で通用するストーリーテリングの手法セミナー」に参加しました。

アメリカの映画業界で人気脚本家の一人であるブレイク・スナイダー氏の著書、
『SAVE THE CATの法則』を中心に紹介いただいたのですが、
これがもう、めちゃくちゃ面白かったです!

『SAVE THE CATの法則』 とは 、危機一髪のところで猫を救う、といった演出で、
観客から主人公に対する共感を呼び込む行為のこと。ストーリーテリングの基本ルールです。

セミナーでは『SAVE THE CATの法則』から3つ学びました。

・ログライン
・10種類のストーリー
・ブレイク・スナイダー・ビートシート(BS2)

まずは、「ログライン」についてご紹介します。


■ログラインとは 「1文で言うとどんな作品?」

どんな話にするか1~2行でストーリーの核心を説明したもの。
例えば映画の「ダイ・ハード」のログラインはこんな感じ。

警察官が別居中の妻に会いに来るが、妻の勤める会社のビルがテロリストに乗っ取られる。

『SAVE THE CATの法則 本当に売れる脚本術』


シュナイダー氏いわく、ログラインはストーリーのDNA!
「どんな主人公」が、「どんなことをする(どんな目に遭う)」のか、
その短い言葉から「なんだか面白そう」というのが視聴者に伝わるのがポイントです。

以下、ログラインをつくる上でのポイントとコツです。

<チェックポイント>
・つかみ(予測不可能なこと)があるか
・世界観や主人公のイメージが広がるか
・主人公の葛藤やテーマが暗示されているか
・初めて聞いた相手が「へー」と簡単するか

<書き方のコツ>
・ABC法(Aな主人公が、Bに出会って、Cする話)
・その物語がどこへ向かっていくのか暗示する
・主人公が変わりそこなったらどうなるかを考える
(変わりそこなうと何を失うのかが伝わる、結論はでなくていい)


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください