写真イメージ

「富士通、DX(デジタル変革)企業への挑戦」に参加しました

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今日は、「 富士通、DX(デジタル変革)企業への挑戦 」に参加しました。

富士通のDXは「フジトラ(富士通のデジタルトランスフォーメーション)」と呼ばれていて、
今回は「DX」と「人事改革」の角度から紹介がありました。

いやーとても面白かったです!
録音、録画などがNGなセミナーだったので、概要と感想だけ残しておきます。


■参加セミナー「富士通、DX(デジタル変革)企業への挑戦」
https://techplay.jp/event/801836

・元SAPジャパン 代表取締役社長から富士通執行役員常務就任した福田譲氏と
・執行役員常務 平松浩樹氏が登壇するイベントです。

■富士通とフジトラの基本情報
・富士通は日本だとシェア13%で1位、世界だとシェア1.9%の7位
・売上は横ばいで、原因は既存事業の深化へ偏った(新事業の探索が不十分だった)こと
・つまり両利きの経営の実現に向けて、富士通自身のDXが不可避になったため
・そこでCEO自らがCDXO(最高デジタル変革責任者)に就任し、
・Fujitsu Wayを刷新して、
・DXに向けた投資を加速した(5年間で5,000億円、社会課題を解決する最先端技術へ重点投資etc.)


お話聞いてて、DXというよりプロジェクト設計についてとても参考になりましたし、
何よりワクワクしました。今後の展開にも注目ですね!


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください