写真イメージ

iPhoneで撮った写真がPCで見れない!拡張子HEICって何ぞや

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
iPhoneで撮った写真をPCに取り込んだら見れない!と言う経験はありませんか?

iPhone8 以降のカメラは、標準の拡張子がjpgではなくheicになっています。

heicの方が画像の劣化が少ないとか、容量が小さく済むというメリットはあるのですが、
PCに取り込むと画像が表示されない(互換性が少ない)のがデメリットです。

私は仕事柄、Webサイト、パンフ、資料などをよく作成するので、
メンバーから「iPhoneで撮った写真を使ってください」と連絡あったりするのですが、
heicで見れないやんけーということが度々あります。

拡張子をjpgに一括変換するフリーソフトを探しても、いいのが見つけられなかったのですが、
こちらのブログで紹介されていた「iMazing HEICコンバータ 」が使ってみてよかったので、
ご紹介したいと思います。ぜひ使ってみてください。

▼参考:iPhone HEICの写真をJPGに一括変換
https://www.pasocoop.jp/single-post/20190402


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください