写真イメージ

Microsoft Clarity「Excessive scrollingとは」

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今日は引き続きMicrosoft Clarityの中から「Excessive scrolling」のお話をします。

「Excessive scrolling」 の説明文はこのように書かれています。
user scrolled through a page more than expected

つまり 「Excessive scrolling」 では、 ユーザーが標準的なスクロールよりも、
高い速度でサイトコンテンツをスクロールした箇所が分かります。
これを活用することで、レイアウト改善や重要なコンテンツを見つけることができます。

もちろん「Excessive scrolling」も、これまでご紹介した他の機能と同じように、
シーンを動画で見ることができます。

※動画を見て気づいたのですが、「Excessive scrolling」で集計されているデータは、
スクロール(Webページを上から下へなめる)のイメージとは違ったデータが入っていました。

例えばECサイトとかで商品のイメージ画像を複数掲載していたりすると思うのですが、
そのイメージ写真を「次へ」「次へ」「次へ」とユーザーが高速に押した場合も、
「Excessive scrolling」 でカウントされていました。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください