写真イメージ

噂のGA4(Google Analytics 4)について

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、ウェブ解析やマーケター界隈でいま噂のGA4のお話です。

まずGA4が何かという話ですが、
例の「App+Web propety」が「Google Analytics 4(GA4)」と言う名称に変わったようです。

Google公式ブログのリリースはこちら(英語です)。

▽Introducing the new Google Analytics
https://blog.google/products/marketingplatform/analytics/new_google_analytics


ざっくりいうと、近年プライバシー主導が業界標準になったことや、
コロナをはじめとした消費者行動の大きな変化に対して、
分析ツールが追い付いていない現状を、新しいGAで解決するよ、というもの。

例えばGoogleの機械学習モデルを適用することで、
需要が高まっている製品などをアラートで知ることができるとか、
アプリとウェブのインタラクションを一緒に測定できる等々。


私も会社でGAを担当している以上、GA4に付いていく必要があるのですが、
そもそもの機械学習について理解していないと、
データを本質的に読み解けないとか、誤った解釈をしてしまうのではないかと感じています。

GA4の世界についていけるか、いけないか。これはスパッと分かれそうですね・・・。

今からでも機械学習がなんたるかを学んでいく必要があると感じました。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください