写真イメージ

オンライン生活で得たものと失っていたもの

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今日は、年始からのオンライン生活を振り返りたいと思います。

今年は新型コロナウイルスの関係もあって、
2月からリモート中心になり、公私ともにオンラインが中心となっていました。

最初は大丈夫かな?なんて思っていたのですが、
やってみて思ったのは「意外とオンラインだけでもいけるじゃん」でした。

そもそも勤め先では2013年からテレワークを取り入れていたのと、
社員同士の関係性が作れている会社だったのも大きいです。
ITと人間関係のベースがあれば、オンラインでもなんら問題ないな、と言う感触でした。

圧倒的な違いは、「移動時間」が劇的に減ったこと。

今までに捻出できなかった時間が急にポンと生まれたので、勉強する時間が取れたり、
家族と過ごせたりする時間が増えたのは良かったなと思います。


一方で最近ひしひし感じるのは、「コラボレーション」「新しい人との関係づくり」
「良い人間関係の継続」に限っては、リアルなコミュニケーションの方が圧倒的だということ。

先月から少しずつオフィス出勤を入れていますが、
オフィスに行くと誰かに話しかけるし、話しかけられるしで、
たわいもない会話から面白い情報も入るし、アイデアもポポンと出て来るのを実感。

今日も勉強会の支援で3名の方とお会いしたのですが、
同じ成果がオンラインでも出せたか?と言われると、出来なかったと思います。


オンラインのいいところもあれば、弱点もあるし、それはオフライン(リアル)でも同様。
両方の特徴を理解した上で、しっかりコントロールすることが大事だと思いました。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください