写真イメージ

目線を合わせることの大切さ

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今日は、相手と目線を合わせることの大切さについて。

お仕事上、いろんなデータを見て、
そこから気づいたことを改善提案として上げるわけですが・・・

その改善提案を報告される人とか、実際に施策で活動する現場の人って、
普段デジタル戦略をしない人なんですよね。

なので、こちらの自己満ですごい資料を出したとしても、
まず用語から分からなかったり、
ただただ難しい(と言うか知らないこと)を言われてストレスだったりします。

アクションにつながらないデータは出しても意味がないんです。ホントに。

なので、どう出そうかなぁといつも考えるのですが、
とにかく大事なのは、目線を合わせることだと思ってます。

相手の知りたいことから伝えたり、相手の知っている情報で整理して伝えたり。
シンプルそうで、なかなか大仕事です((^^;)

皆さんも何かコツがあれば教えてください


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください