写真イメージ

日本と海外のレポーティング

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
いま、海外におけるウェブ解析のレポーティングについて調べています。

このお題をどうやってクリアしようかなぁと考えていて、
とにかくこの機会に詳しくなるしかないよねと、こんなアプローチを実施してます。

<情報収集の手段>
・人に聞く →実行中
・インターネットで調べる →実行中
・本を読む →やれてない(中心軸に置いたら良さそうな本が見つかっていない)

<記事としての角度>
・そもそもレポーティングとは何か
・そもそも日本と海外の違いって何か(商文化、使っているツールetc)
・それを踏まえるとどんなウェブ解析レポートが理想なのか
・それを書くためには何が必要なのか、などなど

※余談
海外のウェブマーケターが何のツールを使っているのかなと思って、
「How to create an analytics report for customer」とかで調べてみたんですよ。

そしたらGAのカスタムレポートを紹介する動画が山ほどあることに気がつきました。
日常英会話よりよっぽど分かるww というのが逆に切ない・・・。
英語が使えたらホント守備範囲が広くなれるんだろうなぁ。


それはさておき、これらを調べた後に「どう編集したら伝わるのか」というところが肝心ですね。
料理の素材は集めてきても、調理で台無しにしてしまったらもったいないので。

引き続きがんばろう!


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください