写真イメージ

私がライブ(生放送)メディアが怖い理由

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「私がライブ(生放送)メディアが怖い理由」のお話です。

2日間にわたってラジオ出演での気づきを書いてきました。

以前別の記事でも書きましたが、
私はリアルタイム性の高いメディアに苦手意識があります。

その時はTwitterについて書いていて、「瞬間的な感情整理が難しいから」と書きました。

そして今回、ラジオに出演して新たに分かったことがあります。

それは、「この会話がどこに着地するか分からないことが怖い」というものでした。


そもそもラジオやテレビは、自分の思いや考えを広く発信できるメリットはありますが、
もし間違ったことを言ってしまった場合、リスクも大きいメディアです。

そんな中、どうなるか分からないストーリーをその場で作っていくわけなので、
正直めちゃくちゃ怖いと思うんですよね。

ただ、どうなるか分からないから人生もライブも「面白い」とか、
「生きている」と解釈すれば、ワクワクにもなるなぁ、と思ったんです。

ずっと逃げてきたので「自分がなぜ怖いと思うのか?」
奥深い所は向き合えていなかったのですが、
思い切って向き合ってみると、解決策って出てくるものですね。

苦手を得意に変える努力をするかしないかは自由だけれど、
見たくないものも見つめてみた方が、より世界が広がるなと思いました。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください