写真イメージ

ユーザーエクスペリエンスを真横で見る

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「ユーザーエクスペリエンスを真横で見る」のお話です。

ビジネスシーンで名刺交換した際、
有難いことに会社に興味を持ってもらえることが多々あって、

「ホームページありますよね?どう調べれば出てきますか?」

と、スマホ片手に尋ねられることがあります。


「社名を入れたら出てきますよ」とお伝えすると、
相手の方はだいたいパパっと検索して、

「あ、これですね。へー、こんなサービスあるんですねー」

などと言いながら、
思い思いにホームページを巡ってくださいます。

いろいろ見て欲しいページはあるものの、口出しされるとウザイよね・・・
と思って、聞かれるまでは静かに見守るようにしている私。

こんなやりとりが度々あり、5回目くらいになったとき、
「ん!!????」と思うことがありました。

それは、

「まさに私は今、ユーザーエクスペリエンスを真横で見ている!」

ということです。

つまり、リアルにユーザーがホームページを触るさまを、
私は幾度となく目にしていたのです。

しかし、それに気づくまではユーザーエクスペリエンスなんて頭はなくて、
その方のスマホの使い方や独り言を聞きながら、

「やっぱり事例タイトルに社名があるものから見ていくんだなぁ」とか、
「スマホって直感的に目に入る部分をやっぱり押しちゃうんだなぁ」とか、

ただただ目や耳で入ってくる情報に対して、無意識下に情報が溜まっていくくらいでした。


しかし、それに気づいてしまった今、
いかに「初めての方」にサイトがどう映っているのか?
ユーザーから考えることがまだまだ甘い、とつくづく思います。

ユーザー目線、ユーザー思考って言葉で言うのは簡単だけれど、
実際やろうと思うと、不十分な点がいっぱい。

ということで、ケイチャンネルでも何でもいいのですが、
触ってみた感想とか、ココが分かりにくかったとか、
もし意見があればぜひ教えてください。

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください