写真イメージ

エボークト・セット

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「エボークト・セット」のお話です。

みなさん、エボークト・セットって聞いたことはありますか?

消費者が購買行動の前に、購入検討の対象として頭の中に思い出す
ブランドの組み合わせのことをいいます。
通常は3~5個程度が含まれると言われています。

例えば「ビールを買おう」と思った場合。

エビスにしようかな、サントリーかな、いやいやアサヒかな、みたいに、
自分の好きな銘柄を思い浮かべて、
その中から今回はこれにしようと「選択」する作業をしていると思います。

まさしくその時に思い浮かべた銘柄が、エボークト・セットです。


ここから何が言いたいかと言うと、ブランディングをする上で大事なポイントは、
自社や自社サービスが顧客のエボークト・セットにまず入っていることが大事だということ。

そして、そのエボークト・セットの中からどのくらいの確率で自社が選ばれるのか?
その確率を高める戦略を立てるということです。

理屈は分かっても、実際にやるのは難しいと思いますが・・・
そんな意識で自社のマーケットや顧客を見てみると良いのではないでしょうか。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください