写真イメージ

日々の内省がプレゼンの深みを決める

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「日々の内省がプレゼンの深みを決める」のお話です。

ビジネスマンになると、何かとプレゼンの機会があるかと思います。

それは商談だったり、社内の勉強会だったり、講演会だったり、
実に様々だと思います。


私自身もプレゼンする機会がありますが、
若手に対してプレゼンを教えたり、評価したりする機会もたまにあります。

そんな時、どんな改善アクションをしたらいいかを聞いてみると、
たいていこんな回答が返ってきます。


「もっとスライドを工夫できたら良かった」「話す練習をすればよかった」


もちろん大切なことだと私は思います。
しかし、これらは表面的な課題であるとも思います。


根底にある課題は、日々の内省しているかどうか。

つまり、自分の考えや行動などを深くかえりみているかどうかで、
プレゼンの深みが変わってくると私は思うからです。


内省が出来ていない人は、そもそもの組み立てが浅かったりするので、
いくらスライドの見た目を直したり、発表の練習をしたところで、
説得力に欠け、なんとなく流れが悪い感じになってしまうのです。。

まず磨くべきは、ベース部分にある内省する力。
ブログでも、日記でも、何でもいいのですが、ぜひ日々内省しましょう。

私もがんばらないと!


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください