イメージ写真

お勧めの本:ザ・ゴール

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、お勧めの本「ザ・ゴール」のご紹介です。


■この本と出会ったきっかけ
勤め先の社長が「ザ・ゴール」の話をしているのを聞いて、
どんな本なんだろうと思って購入したのがきっかけです。


■この本の紹介理由
私の会社は製造業などのモノづくりの現場に対して、
業務の効率化や、現場のデータ化をするためのIT支援をしています。

そういった経緯もあって、現場改善に関する本は読んでいたのですが、
部分最適の話が多くて、いまいち全体像が掴めず、
結局どこをどうすればどうなるんだ??と思っていました。

そんな時に「ザ・ゴール」を読んで、
「企業のゴールからモノが出来るまでを一気通貫で見るとこうなるのね!」
というのが分かりました。もう、ガッテンガッテン!です。

この本は製造業で働く方はもちろんですが、
あらゆる業種に共通して使えるメソッドが詰まっているので、お勧めです。


■この本をお勧めしたい人
・製造業で働いていて、現場の課題を感じている人
・マネージャー(管理職)の立場にある人
・そもそも企業の目的とはなにか?立ち返りたい人


■この本の良い点
・書籍を通してTOC理論をじっくり学ぶことができる
・小説仕立てになっているので、主人公の成長が疑似体験できる
・さりげなく製造業のモノづくりの現場を知ることができる


■今回ご紹介した本について
題名:ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
著者:エリヤフ・ゴールドラット(著), 三本木 亮 (翻訳)
出版:ダイアモンド社
発行:2001年5月18日
価格:1,728円

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください