イメージ写真

お勧めの本:ザ・ファシリテーター

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、お勧めの本「ザ・ファシリテーター」のご紹介です。


■この本と出会ったきかっけ
2016年7月、勤め先の社長から「これ読んでみて~」と本を貰ったのがきっかけです。

本を読むまでは、ファシリテーションってリーダーとか組織を動かす人がやることで、
そういうのが得意な人しかできないようなものだと思っていました。

しかし、ファシリテーション能力は磨くことができるし、
むしろこれからは誰もが必要なもの、と思うように考え方が変わりました。

そしたら、何故かファシリテーターのお仕事をもらうことが増えたんです。不思議ですね。


■この本の紹介理由
いろんなバックボーンを持った人が、グローバルに混ざり合う現代、
解決すべき社会問題などの難易度が上がっている現代において、
中核になってくるスキルだと思うからです。


■この本をお勧めしたい人
・ファシリテーションに興味がある人
・逆に、ファシリテーションは自分に関係がないと思っている人
・畑違いの部署で結果を出さないといけなくなった人
・自分よりも経験値や年齢が上の人を導く立場になった人


■この本の良い点
・小説仕立てになっているので、主人公の成長が疑似体験できる
・さりげなくビジネスの基礎的なフレームワークが学べる


■今回ご紹介した本について
題名:ザ・ファシリテーター
著者:森 時彦
出版:ダイアモンド社
発行:2004年11月11日
価格:1,728円

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください