イメージ写真

Google創業から20年、この先の20年は?

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「Google創業から20年、この先の20年は?」のお話です。

先日、Google Japan Blogでこんな記事を目にしました。
「これからの 20 年にむけて ~ より良い検索を目指して~」 ※2018年9月27日 投稿記事

これを目にしたとき、「あ、Googleって創業からたったの20年なんだ」ということと、
改めて20年という重みを感じた気がしました。

この記事によると、 20年前のインターネットの総ページ数は2500 万、
現在は数千億以上にものぼるとか。

これはもう宇宙の星レベル。

インターネットという広大な宇宙には、
本当にたくさんのウェブサイトが存在しているんですね。

また、星が生まれた場所や時期、星の色や形、大きさなどなど、
似ている星もあるかもしれないけど、誰かの思いを持って生まれたもので、
一つとして同じものはないのでしょう。

ウェブ解析士のお仕事は、

・この広大な宇宙から、自社やクライアントの星を輝かせること。

・その星を、必要な人に見つけてもらうこと。

・その星で、素敵なひととき(体験)をしてもらうこと。

そう思うとなんだかワクワクしてきますね!

 

Googleは20年を迎えて、”新たな検索の章”を開くといいます。

Googleによると、

・Helping you along your Search journeys
・Discover new information and inspiration with Search, no query required
・Making visual content more useful in Search

うーん、、英語ダナ・・・。

ざっくりいうと、ユーザーの情報探しの旅をもっとサポートする。
そして、質問(キーワード)がなくても興味に応じた情報を表示する。
検索でビジュアルコンテンツをより便利にする。

ということだそうです。
また、本当にITって進化しているんだなぁと思うのがこちらの一文。

そして今、私たちはニューラルネットワークが「単語の理解」から「概念の理解」を可能にする、大きな飛躍の局面を迎えています。

これってすごいことだと思いませんか?

つまりどういうことかというと、直接キーワードが含まれていなくても、
それに該当するページが分かってしまう=ページが表示できてしまうということだから。

どんどん人間の潜在意識と、インターネットが融合していくような気がして・・・
一体どこまで行ってしまうのでしょうね。

 

何はともあれ、いまインターネットの宇宙の法則が変わりつつあると感じています。

この変化についていけず、なくなってしまう星もあれば、
また生まれる星もあるのでしょう。

私の勤め先のウェブサイトも、生まれ変わり時なのかもしれません。

新しい時代でも輝ける星でいられるように・・・新しい情報を世界を旅して見つけて、
”Focus on the user”を忘れず、邁進していきたいと思います。

 

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください