写真イメージ

アメリカのインフルエンサー・アンバサダー事情(動画紹介)

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、アメリカのインフルエンサー・アンバサダー事情について。

ネタ元は、海外マーケティングをされている世界へボカンさん。

アメリカのインフルエンサー・アンバサダー事情について、
UC Berkeleyの4年生で、マーケターのAnanya(アナンヤ)さんにインタビューされた動画です。

主に、10代や20代の学生をターゲットとしている企業で、
学生のインフルエンサー・アンバサダーとコラボしている事例がアメリカで増えている。
特に 「教育」「スキンケア」「メイク」のジャンルが多い。


■そもそもインフルエンサー・アンバサダーの違いは?

・インフルエンサーは拡散のプロ。
 プロなので、依頼する際は目標値の共有やフィーの発生などもあったりします。

・アンバサダー
 商品が好きでPRに協力的なユーザーのこと。
 依頼する際は、ギフティングのみの場合や、場合によってフィーの発生もあったりします。


■どうやって大学生に依頼が来るのか?

・一つは、SNSのDMに直接企業から連絡が来るパターン。
 影響力の指標として、Instagramのフォロワー3,000人が一つの目安と言われている。

・もう一つは、クラブ、あるいは企業と学生が合同で行うプロジェクトきっかけが多い。

※その他、有名ブランドだと「今回○○な企画をやろうとしていて、
 インフルエンサー・アンバサダーを○人募集しています」みたいな告知をすることが多く、
 それをみて学生側から応募することもあるそうです。

・・・などなど、面白いお話がたくさんきけました。
良かったらぜひ動画をご覧ください。

▽アメリカの【インフルエンサー/アンバサダー】マーケティング事情を聞いてみた!
https://youtu.be/HWl1XV2XpiA


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください