写真イメージ

消費者行動モデルSIPS

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
ソーシャルメディアの積極的活用を前提として考えられた
消費者モデルをSIPSといいます。

SIPSは4つの英語の略語なのですが。

Sympathize(共感する)
Identify(確認する)
Participate(参加する)
Share & Spread(共有・拡散する)

こんな言葉から成り立っています。


詳細を言われなくても4つのキーワードでイメージがつくと思いますが、
簡単に解説しておきますね。

最初のステップは、ユーザーが商品やサービスに「共感」した状態のこと。
それを誰が語っているかもポイントです。

従来であればこの後、検索→行動→購入となりますが、
ユーザーは賢くなっており、本当にいいものかを「確認」する行動をとります。

そして、これはいいものだ!と確信を持つと、「」参加をするようになります。
参加とは、SNSやネットに流れている情報に対して、楽しむことも含みます。

最後は、Facebookのいいね!とか、Twitterのリツイートをするといった、
「シェア・拡散」のアクションになります。
これが結果的に購入にむすびついていく・・・という流れです。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください