写真イメージ

みんなの願いは同時には叶わない

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
皆さんの会社には表彰制度ってあったりしますか?

例えばMVPだったり、なんとか賞だったり、
頑張った人を称えたり、感謝を伝えたりする仕組みって、
学校や企業の中でも取り入れているところはあると思います。

なんだかんだ、そういう賞を運営する側になることが多いのですが、
これってめちゃくちゃ難しい、というか悩ましいテーマなんですよね。


というのも、誰かを持ち上げるということは、
誰かが下がるってことなんですよ。

かといって、その下がった人を上げようとすると、
今度は別の誰かが下がるだけなんですね。

じゃあ誰も表彰しなければいいじゃない、というと、
それはそれで上がることはないというか・・・。


あっちを立てれば、こっちが立たず、なんです。絶対に。


別にいいじゃん難しく考えなくたって。
この世は弱肉強食なんだから。
それに、表彰されなかった人も、また頑張ればいいのよ。


うん、確かにそうなんだよね。
そうだって、みんなも分かってると思う。


でも、みんなの願いは同時には叶わない・・・。


こういう時、宇多田ヒカルの「誰かの願いが叶うころ」を思い出します。


大事なのはバランスだ。
とにかく、トータルで見たときに、帆船のように揺らぎながらも進んでいること。
そして今回の「ロジック(基準)」をきちんと決めること。

全部受け入れて、進むしかないね!


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください